スポーツ栄養士の仕事内容や必要なスキルは? | 栄養士コラム

スポーツ栄養士の仕事内容や必要なスキルは?

スポーツ栄養

スポーツ栄養士の仕事内容や必要なスキルは?

スポーツ栄養士とは、スポーツ選手の栄養管理を専門に行う栄養士のことで、「公認スポーツ栄養士」という資格制度が設けられています。ここではスポーツ栄養士の仕事内容や、必要とされるスキルについて説明します。

スポーツ栄養士の仕事内容は?

スポーツ栄養士は、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、食事や栄養面からサポートを行います。スポーツ栄養士の具体的な仕事内容は、スポーツチームの施設で提供する食事のメニューを作成することです。さらに、選手個人の栄養相談や体調管理の相談などを担うこともあります。

スポーツ栄養士の勤務先としては、スポーツチームやフィットネスクラブが一般的です。ほかにも、アスリート個人に雇われて、専属の栄養士として活躍する場合もあります。

スポーツ栄養士に必要なスキルは?

スポーツ栄養士として働くためには、基本的な栄養に関する知識に加えて、スポーツに特化した栄養学の知識が必要になります。そのほか、

  • 運動生理学
  • カウンセリング
  • スポーツ心理学

に関連する知識も欠かせません。また、栄養士自身にもスポーツの経験があれば、栄養相談や体調管理の相談をより円滑に行うことができるでしょう。

公認スポーツ栄養士になるためには?

スポーツ団体やフィットネス施設における、スポーツ栄養士としての求人は、決して多くありません。採用されるためには、栄養のプロとしての高い実績が求められます。そのため、通常の栄養士として経験を積んだあとに、スポーツ栄養士として転職を検討するのが理想です。

スポーツ栄養に関連した資格として、日本栄養士会と日本体育協会が共同で認定している「公認スポーツ栄養士」があります。この資格を取得するためには、「公認スポーツ栄養士養成講習会」という講習を受け、検定試験をクリアしなければなりません。資格を申請するには、管理栄養士でないといけません。また、「スポーツ栄養指導の経験(またはその予定)があること」、「満22歳以上」などの条件があります。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら