在宅訪問管理栄養士の仕事内容や必要なスキルは? | 栄養士コラム

在宅訪問管理栄養士の仕事内容や必要なスキルは?

在宅訪問管理栄養士

在宅訪問管理栄養士の仕事内容や必要なスキルは?

高齢者の数が増加傾向にある現代においては、在宅で療養する人や介護を受ける人が増えています。そのため、在宅での栄養相談や栄養指導に対応できる在宅訪問管理栄養士の需要が高まっているのです。ここでは在宅訪問管理栄養士の仕事内容や、必要とされるスキルについて説明します。

在宅訪問管理栄養士の仕事内容は?

在宅訪問管理栄養士は、その名の通り高齢者や要介護者の自宅に訪問し、栄養指導を行う栄養士です。具体的な仕事内容としては、普段の食生活や栄養面で困っている点を聞き出し、改善策を提案します。1度の訪問時間は30分から1時間ほどで、この時間内で栄養指導を行います。必要であれば、料理のレシピを提案したり、実際に調理を行ってみせたりもします

在宅訪問管理栄養士に必要なスキルは?

在宅訪問栄養指導の対象者は、そのほとんどが高齢者です。そのため、高齢者に多い低栄養や嚥下障害といった問題に対処するための知識が必要になります。また、自宅訪問の際に家族やヘルパーの人と接する機会も多いため、コミュニケーション能力も欠かせません

加えて、在宅訪問管理栄養士には調理技術も必要になります。これは、訪問先で実際に調理指導を行うことがあるためです。高齢の人でも調理しやすく、安全な調理法を指導する必要があります。

在宅訪問管理栄養士として認定されるためには?

在宅訪問における栄養指導業務の分野で活躍したいという人は、「在宅訪問管理栄養士」の資格取得を目指すのがよいでしょう。在宅訪問管理栄養士の申請資格として、管理栄養士として登録されてから5年以上経過していなくてはいけません。また、病院・診療所・高齢者施設などにおいて、管理栄養士として従事した日数が、通算で900日以上必要です。

資格を取得するには、まずe-ラーニングを受講し、認定試験に合格する必要があります。その後、実際に在宅訪問栄養食事指導を行い、そのレポートを提出すれば、晴れて在宅訪問管理栄養士として認定されます

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら