管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

特定保健指導に必要なスキルは?

特定保健指導

特定保健指導に必要なスキルは?

中高齢者に対して、特定保健指導を正しく行うためには、管理栄養士の知識が欠かせません。ここでは、特定保健指導を行う管理栄養士に必要とされるスキルについて説明します。

特定保健指導とは?

特定保健指導とは、40歳~74歳の医療保険の加入者に義務付けられた特定健康診査において、指導の対象となった加入者に対して行われる指導のことです。主にメタボリックシンドロームや生活習慣病の予防と改善を目的に行われます。特定保健指導を担うのは、主に医師、保健師、そして管理栄養士です。指導は、リスクの小さい対象者に向けた「動機付け支援」と、リスクの大きい対象者に向けた「積極的支援」に分かれます。動機付け支援は、本人の健康意識を変革させるための指導が中心です。積極的支援では、より実践的な食事指導と運動指導を行います。

特定保健指導を行うために必要なスキルは?

対象者の健康状態を見極め、適切な保険指導をするためには、管理栄養士にも病気に関する幅広い知識が求められます。また、対象者と信頼関係を築くためには、コミュニケーション能力も必要です。健康改善に対する意識を持たせ、モチベーションを高めるために、カウンセリングやコーチングの技術も欠かせません。さらに、保健指導を行うにあたって、管理栄養士本人が不健康な状態であってはいけません。そのため、普段から自己管理を行い、模範となることが求められるのです。

特定保健指導担当管理栄養士になるためには?

日本栄養士会が認定する「特定保健指導担当管理栄養士」とは、特定保健指導を行う資質と活動実績を備えた管理栄養士を認定する資格です。この特定保健指導担当管理栄養士になるためには、管理栄養士を取得していることが条件になります。加えて、日本栄養士会および都道府県栄養士会が実施している「特定保健指導実践者育成研修」または「保健指導担当者研修会」を修了する必要があるのです。さらに、認定を受けた後も、資格を更新するためには、活動実績の事例を提出したうえで、再度研修を受けなければいけません。したがって、特定保健指導に携わる栄養士は、自己研鑽を怠らないようにする必要があるのです。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら