管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

フードコーディネーターの仕事内容やなり方は?

フードコーディネーター

フードコーディネーターの仕事内容やなり方は?

フードコーディネーターとは「食」をテーマにあらゆる物事をプロデュースするスペシャリストです。ここでは、フードコーディネーターの仕事内容や資格、なり方について説明します。

フードコーディネーターの仕事内容とは?

フードコーディネーターの仕事内容は、飲食店のプロデュースやメニュー開発、料理教室の運営など、多岐にわたります。レシピ本や料理番組に用いる料理を考えたり、調理したりすることもあります。食器選びや盛り付け、テーブルコーディネートなども、フードコーディネーターの仕事です。さらに、フードコーディネーターの中には、企業の経営コンサルタントやアドバイザーとして働く人もいます。食に関するほぼすべての仕事に携われるといっても過言ではありません

フードコーディネーターに資格はあるの?

フードコーディネーターという職業は、特別な資格が必要なものではありません。しかし、NPO法人日本フードコーディネーター協会による認定資格「フードコーディネーター」を取得しておくと、仕事や就職に役立つことは間違いないでしょう。この資格には3級から1級があります。3級は「文化」、「科学」、「デザイン・アート」、「経済・経営」という4科目が出題されます。2級以上の試験では、「レストランプロデュース」、「商品開発」、「ホスピタリティ&ライフサポート」など、より高度な知識が求められます。ほかにも、フードコーディネーターの仕事に生かせる資格として、管理栄養士や調理師などが挙げられます

フードコーディネーターになる方法は?

フードコーディネーターとして働くためには、飲食店のプロデュースなどを行うフードコンサルティング会社に就職するのが近道です。このほかにも、食品メーカーや飲食店で働きながら目指すこともできるでしょう。フードコーディネーターとしての経験を積んでから、フリーランスとして独立をする人も少なくありません。また、プロのフードコーディネーターのアシスタントをしながら、独立を目指す方法も挙げられます。食に関する仕事であれば、様々なキャリアプランを描くことができるのが、フードコーディネーターの特徴です。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら