管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士のキャリアプランの立て方

栄養士のキャリアプラン

栄養士のキャリアプランの立て方

栄養士としてキャリアプランを立てるためには、どの分野で活躍したいのか、どう働きたいのかを考えることが重要です。ここでは、栄養士のキャリアプランの立て方について説明します。

特定分野のスペシャリストになるキャリアプラン

栄養士のキャリアプランとして、特定の分野に特化した栄養士である「特定分野管理栄養士」を目指すという方法が挙げられます。例として、栄養面でアスリートをサポートすることに特化した「公認スポーツ栄養士」や、在宅訪問で栄養支援を行うことに特化した「在宅訪問管理栄養士」などが挙げられます。さらに、がんや腎臓病など、特定の病気における栄養管理や栄養療法の知識を認定する「専門管理栄養士」という制度もあります。こうしたキャリアプランは、栄養士として高度な専門性を身につけたいという人におすすめです。

組織運営に携わる栄養士になるキャリアプラン

企業で働く栄養士であれば、キャリアプランとして、組織の運営やスタッフの教育に携わる栄養士を目指すこともできます。これは、栄養士としての職務以外に、管理職として職域を広げたいという人におすすめのキャリアプランです。事務所の運営や予算管理、従業員の指導などの業務は、経営管理やマネジメントの知識が必要になります。

ライフプランに合わせてキャリアを選択する

生活や家族を優先したい人は、ライフプランに合わせて働き方を変化させるという選択も可能です。栄養士は、病院や教育機関など、様々な場所で求められる専門職です。そのため、結婚や出産などのライフイベントに合わせて、柔軟に働き方を変えることができます。こうしたキャリア選択ができるのも、資格職ならではのメリットといえるでしょう。

栄養士としてのキャリアプランをなかなか決めることができない人は、食に関わる資格取得に挑戦するのもよいでしょう。例えば、食品衛生責任者フードコーディネーターなどの資格を取得することで、栄養士としての職域が広がるほか、就職や転職の際にも役立てることが可能です。
 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら