管理栄養士の直接雇用と委託会社での勤務、それぞれのメリットは? | 栄養士コラム

管理栄養士の直接雇用と委託会社での勤務、それぞれのメリットは?

管理栄養士 委託 直営

栄養士の直接雇用と委託会社での勤務、それぞれのメリットは?

栄養士は、委託会社から派遣されて働く委託雇用という働き方が一般的です。しかし経験を積み、管理栄養士を取得すれば、病院や施設に直接雇用されて働くこともできます。ここでは、直接雇用と委託雇用、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

管理栄養士の直接雇用のメリット

管理栄養士の直接雇用のメリットは、管理栄養士としての高度な知識が求められる業務に携われるという点です。例えば、医療施設における栄養指導やチーム医療などの業務は、直接雇用の管理栄養士のみが行える業務となっています。仕事を通じてキャリアアップをしたいという人は、直接雇用を目指すのがよいでしょう。加えて直接雇用の栄養士のほうが、委託雇用の栄養士よりも、休日や給料といった待遇面で恵まれているというメリットもあります

管理栄養士の直接雇用のデメリット

管理栄養士における直接雇用のデメリットは、採用数が少ないという点です。直接雇用の管理栄養士の求人は人気が高く、新卒者よりも経験者が優遇される傾向が強くなっています。また直接雇用の求人は、職員の退職や産休に伴う人員補充が中心となるため、応募が掛かる時期が読みにくいという点もデメリットといえるでしょう。

管理栄養士の委託雇用のメリット

管理栄養士における委託雇用のメリットは、働けるフィールドが多いという点です。この点は、栄養士・管理栄養士共通のメリットです。契約している施設数が多い委託会社を利用すれば、多くの求人の中から自分に合った職場を見つけることができるでしょう。求人数が多いため、転職や就職においても、採用される確率が高いといえます。また、直接雇用の採用では栄養士や管理栄養士としての経験を求められることが多いため、将来の転職活動を視野に入れ、まずは委託雇用で実務経験を積むという人も少なくありません

管理栄養士の委託雇用のデメリット

委託雇用のデメリットは、派遣先により働き方が大きく異なる点です。業務内容だけでなく、休日なども派遣先によって異なります。また、職場によっては、調理や事務作業だけを担うこともあります。そのため、管理栄養士としての知識があまり求められないというケースも少なくありません。委託雇用で働く際は、自分が希望した働き方ができるかどうか、派遣先の情報を前もって確認しておくことが重要となります。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら