管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士として働きながら資格の勉強をするには?

栄養士 資格

栄養士として働きながら資格の勉強をするには?

栄養士として働きながら管理栄養士試験の勉強をするためには、自分に最適な勉強方法や、試験の受験資格について知る必要があります。ここでは、管理栄養士試験の受験資格や、働きながらでもできる勉強方法について紹介します

栄養士が働きながら管理栄養士資格を取るためには?

まず、栄養士が管理栄養士の資格を取得するためには、条件として一定期間(1~3年)の実務経験が必要です。ここでいう実務経験とは、国が定める病院や福祉施設などの施設で、栄養士として働いた経験のことを指します。この条件を満たした栄養士が、管理栄養士の国家試験に合格することで、晴れて管理栄養士になることができます。そのため、栄養士として働きながら管理栄養士を目指すのであれば、まずはこういった施設に就職し、栄養士としての実務経験を積むのがおすすめです。

通信講座を利用する

通信講座を使えば、働きながらでも無理なく資格の勉強をすることができます。時間に余裕がない中で、資格の勉強をしたい人は、通信講座を選ぶとよいでしょう。講座によっては、勉強のサポートとして、パソコンやスマートフォンで視聴できる解説動画を配信していたり、メールによる添削指導を行っていたりする場合もあります。

養成校が実施している講座を利用する

管理栄養士を目指す社会人向けの勉強方法として、管理栄養士養成校が実施する対策講座を受験するというものがあります。講座では、実際に管理栄養士として活躍する講師が授業を行うことも多く、栄養学を改めて学び直したいという人にもおすすめです。また、自分が卒業した大学の講座を選べば、受講費用の割引を受けられることもあります。

日本栄養士会の生涯教育制度について

公益社団法人「日本栄養士会」では、栄養士や管理栄養士のキャリアアップを支援するために、「生涯教育制度」を設けています。この制度は、栄養士や管理栄養士としての資質や専門性の向上を目的とした制度です。制度の具体的な内容として、研修会や情報交換会の開催、栄養指導のスキルに応じた単位認定などがあります。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら