管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士の将来性は?

栄養士 将来性

栄養士の将来性は?

時代の変化に伴って、栄養士や管理栄養士が活躍できる場は徐々に広がっています。ここでは、栄養士の将来性や、これからの時代に必要となる栄養士について紹介します

栄養士の将来性は?

栄養士や管理栄養士は、これからの時代に無くてはならない存在です。なぜなら、高齢化社会により、介護や福祉に関する市場が拡大傾向にあるためです。社会福祉施設や病院のように、栄養士や管理栄養士の配置が義務付けられる施設は、今後も増えていくでしょう。また、人々の健康意識の高まりによって、現代では「食」の重要性が見直されています。そのため、栄養管理が欠かせないフィットネスクラブや、健康をテーマにしたレストランのように、サービスや飲食の分野でも栄養士が求められているのです。健康に配慮した食事メニューの開発や、栄養相談を担える栄養士の需要は、年々拡大しています

専門分野に特化した栄養士も必要

2020年には、日本で東京オリンピックが開催される影響もあり、スポーツの分野でも栄養士の需要が高まっています。スポーツクラブやスポーツチームでは、選手やアスリートを栄養面から支える栄養士の存在が不可欠です。ただし、スポーツの領域で活躍できる栄養士となるには、スポーツの分野に特化した「公認スポーツ栄養士」の資格が必要になります。栄養士は活躍できる場こそ広がっていますが、専門性の高い分野で働く場合においては、相応の知識や資格が必要となることを留意しておきましょう

将来的にも活躍できる栄養士とは

栄養士としてキャリアアップや職域の拡大を目指すのであれば、食や栄養に関連する資格を取得するのが望ましいでしょう。例えば、食育活動の技能や知識を証明する「食育アドバイザー」や、飲食店で衛生管理を行う「食品衛生責任者」など、食に関する資格はたくさんあります。関連資格を多く取得することで、働ける場や行える業務の拡大に繋がります。
 

増える栄養士の需要に比例するように、管理栄養士数や栄養士の資格保有者も増加しています。希望通りの仕事に就くためには、栄養士としての自己研鑽も必要となるでしょう。
 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら