管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士の退職理由はどんなものが多い?

栄養士 退職理由

栄養士の退職理由はどんなものが多い?

栄養士の退職理由には労働環境の悪さや人間関係の悪化に起因するものが多くなっています。ここでは栄養士や管理栄養士に多い退職理由を詳しく紹介していきます。

職場の待遇面や労働環境の悪さ

栄養士や管理栄養士が退職をする理由として、職場の待遇面や労働環境の悪さなどが挙げられます。栄養士として採用されたにもかかわらず、人事管理や給食調理の業務ばかりを任されたという理由も少なくありません。仕事において、栄養士の知識を使わなければ、栄養士としてのキャリアアップが難しくなるほか、仕事に対するモチベーションの低下にもつながります。また、国家資格である管理栄養士は、どの職場においても、業務で発生する責任が重くなります。就業時間も長時間になりがちです。この責任の重さと労働時間の長さによって、疲弊してしまい、退職を選択するという人は少なくありません。

人間関係の悪化

職場における人間関係の悪化も、退職を検討する要因の1つです。栄養士や管理栄養士は、職場によっては医師や保育士など他職種の人と仕事を行うことがあります。加えて、栄養士は閉鎖的になりやすい職場環境であることも多く、従業員同士のコミュニケーションも不足しがちです。また、栄養士は1つの職場に在籍する数が少なく、横のつながりが希薄になりやすいという特徴もあります。そのため、業務の相談ができる相手がおらず、孤立しやすいという点も、栄養士の退職理由につながっています。

食に関わる職種への転職

ほかにも、栄養士が退職する理由として、調理師やフードコーディネーターのような職種への転職が挙げられます。栄養士や管理栄養士の仕事で身につけた知識や経験は、食に関わる仕事に生かしやすいという特徴があります。また、食品会社や開発メーカーなどでは、応募条件に栄養士としての実務経験を求めているところもあります。そのため、希望する仕事に就くために、栄養士や管理栄養士として働いているという人が多いのです。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら