栄養士にありがちな悩みと対処法は? | 栄養士コラム

栄養士にありがちな悩みと対処法は?

栄養士 悩み

栄養士にありがちな悩みと対処法は?

職場や働き方によって異なりますが、栄養士の悩みの多くは、業務量や人間関係に起因しています。ここでは、栄養士にありがちな悩みと対処法を紹介します。

職場に配置されている栄養士の数が少ない

栄養士によくある悩みとして、業務について相談できる相手が少ないという点が挙げられます。栄養士は、1つの事業所で雇用される人数が少ないという特徴があります。そのため、業務でわからないことがあっても、誰かに相談することができずに悩んでいる栄養士は少なくありません。この悩みを解決するためには、職場以外にも栄養士同士のつながりを持っておくのがよいでしょう。都道府県の栄養士会へ参加するほか、近隣施設の栄養士や管理栄養士などと交流をはかるのもおすすめです。

患者との信頼関係を築けない

病院や福祉施設に勤める栄養士は、患者や施設利用者とうまくコミュニケーションがとれないケースも少なくありません。そのため、信頼関係が築けないという悩みもありがちです。せっかく相手に合わせた栄養指導を行っても、実行してもらえなければ意味がありません。患者や利用者との信頼関係を築くためには、相手の家族や担当医ともコミュニケーションをとることが大切です。相手の周囲に位置する人と良好な関係を築くことによって、本人との信頼関係も築きやすくなるでしょう。

仕事の量や種類が多い

職場によっては、栄養士が担う仕事の種類が多いことがあります。例えば、病院で働く栄養士は、献立の作成や食材の発注、栄養指導、患者の嗜好調査など、さまざまな業務を担当します。加えて、現場に配置される栄養士の数が少ないため、わずかな人数でこれらの業務をこなさなければいけません。結果として、心身ともに疲弊してしまうのです。こういった悩みの解決方法としては、自分がこなせる業務量を把握したうえで、勤務先を見つけることです。就職や転職の際は、求人情報をよく確認したり、面接で質問をしたりして、仕事内容に関する情報を集めましょう。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら