管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士のアルバイトと正社員、それぞれのメリットは?

栄養士 正社員

栄養士のアルバイトと正社員、それぞれのメリットは?

アルバイトの栄養士として働くメリットは、短期間で経験が積みやすいという点です。対して正社員の栄養士は、アルバイトよりも収入が安定していることに加え、福利厚生が充実していることがメリットです。ここでは栄養士のアルバイトと正社員について詳しく紹介します。

アルバイトで働く栄養士のメリット・デメリット

アルバイトで栄養士として働くメリットは、短期間のうちにさまざまな職場を経験できる点です。栄養士のアルバイトには、短期間だけ働ける求人が多いという特徴があります。そのため、たくさんの職場で働いて経験を積みたいという人には最適な働き方といえるでしょう。また、アルバイトやパートであれば勤務時間に融通が利く職場も多いため、子育て中の女性でも従事しやすいというメリットがあります。アルバイトのデメリットとして、収入が不安定である点と、利用できる福利厚生が少ない点が挙げられます。また、責任を伴う仕事に携わりにくいことも、アルバイトで働くデメリットといえるでしょう。

正社員で働く栄養士のメリット・デメリット

正社員として働く栄養士のメリットは、収入が安定している点や、福利厚生が充実している点です。また、アルバイトよりも高度な知識が必要な業務に携われる点も、メリットといえます。チーム医療や食品開発のように、ほかのスタッフと密な連携をとる必要がある業務は、正社員が担うのが一般的です。加えて、栄養士としての人脈や知識を形成しやすいため、将来フリーランスの栄養士として働きたい場合も、正社員の経験があると役立つでしょう。反対に、正社員のデメリットとしては、休みがとりにくい点が挙げられます。これは、1つの職場に常駐する栄養士の人数が少ないことが理由です。産休や育休などにより長期休暇を取得する際も、代わりに業務を担う人を募集しなければいけません。

栄養士の働き方は数多く存在する

正社員とアルバイト以外にも、栄養士には派遣やフリーランスなどさまざまな働き方があります。将来、栄養士としてどのように働きたいかを明確にしたうえで、自分にとって最適な働き方を選びましょう。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら