管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士でも調理業務をしなければいけないのでしょうか?

栄養士 調理

栄養士でも調理業務をしなければいけないのでしょうか?

職場によっては調理業務を担うことがある栄養士。ここでは、栄養士が調理業務に携わることのある職場や、調理業務を行う必要のない職場について説明します。

食事提供を行う場所では栄養士が調理をすることもある

栄養士が調理業務を行うことが多い職場として、保育園や給食センター、病院、福祉施設、社員食堂などが挙げられます。栄養士が献立を作る際は、栄養バランスを考えるだけでなく、作業時間や食材管理など現場の状況も把握しなくてはなりません。調理業務を担うことで、作業効率やコスト面も考えた献立作りができるようになるのです。1~2年の調理業務を経てから、栄養管理や献立作成業務に移るという職場も少なくありません。病院や社員食堂などの現場では、大勢の入院患者や社員に食事提供をするため、給食の大量調理が必要です。大量の食材を調理するためには、調理師だけでは人手が足りないこともあります。また、人数の少ない職場では、はじめから栄養士兼調理員として募集されることもあり、その場合、調理業務は必須です。このように、現場の人手が不足しているという理由から、栄養士が調理業務を行うこともあるのです。

調理業務が発生しない職場もたくさんある

保健所や食品メーカー、栄養学を教える教育機関のように、食事提供を行わない職場であれば、調理業務が発生することはありません。ほかにも、栄養指導のみに専念できる職場として、ドラッグストアやスポーツジム、エステサロンなどがあります。また、調理業務のある職場であっても、業務経験を積むことで、調理の現場から離れ、管理責任者として献立作成やスタッフ管理などを任されることもあります。求人情報には、調理業務の有無が明記されています。栄養士として働くうえで、調理業務の有無を知りたい場合は、応募する前にしっかりと確認しておきましょう。

調理の経験があれば就職や転職に有利

調理業務がある職場で働く場合は、調理経験や調理技術があるほうが有利です。栄養士養成学校の授業でも学ぶことはできますが、高度な調理技術は習得できません。調理業務を行うにあたって、技術を磨きたいのであれば、調理師の資格取得を目指すのもおすすめです。味と栄養の両方の面から食事を考えられる栄養士は、多くの職場で重宝されるでしょう。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら