管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士は土日休むことができる?

栄養士 土日休み

栄養士は土日休むことができる?

保健所や教育機関などは、土・日が休日となるため、栄養士も仕事を休むことができます。ただし、病院や福祉施設のように、毎日食事提供を行う職場であれば、栄養士も不定休で働くのが一般的です。ここでは土日に休める職場と不定休になる職場について詳しく紹介します。

土日が休みとなる職場

保健所のような行政機関であれば、土日に休むことが可能です。また、幼稚園や小学校などでも、土日が休日となることがほとんどです。非常勤として働く栄養士であれば、特別な学校行事がある平日や、夏休み・冬休みの期間中も、休日となることがあります。そのほか、食品メーカーや研究機関、社員食堂といった職場でも、部署や職種によって違いはありますが、土日休みとなるのが一般的です。土日休みの職場では、おおむねカレンダー通りに休日を取得できるため、プライベートの予定を立てやすいのがメリットといえるでしょう。ちなみに、フリーランスの栄養士として働く場合は、自分で休日を調整することも可能です。

不定休となる職場

病院や福祉施設は、入院患者や入所者がいるため、土日・平日に関係なく、毎日食事提供を行う必要があります。そのため、栄養士も土日に休めるとは限りません。医師や看護師と同様に、不定休で働くのが一般的です。また、職場によっては勤務時間も一定ではないことがあります。基本的に深夜の勤務はありませんが、早朝からの出勤や午後から夜にかけての勤務になることも珍しくありません。ただし、休日出勤や夜間勤務には、休日出勤手当や夜勤手当があるというメリットもあります。

栄養士の求人を探すときは休日をよく確認しよう

栄養士として働くうえで、土日や祝日の休みを重要視している人は、毎日食事提供を行う職場を避けて、求人を探すほうがよいでしょう。休日や勤務時間は、募集要項に記載されています。求人に応募する際は、土日に休めるのか、休めないのかを必ず確認しましょう。万が一不明瞭な点があった場合は、労働条件のミスマッチを防ぐためにも、担当者にしっかり確認してください。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら