管理栄養士が主に行う仕事内容とは? | 栄養士コラム

管理栄養士が主に行う仕事内容とは?

管理栄養士 仕事内容

管理栄養士が主に行う仕事内容とは?

管理栄養士の主な仕事内容は、専門的な知識をもとに栄養指導や給食管理を行うことです。ここでは、管理栄養士の配置が必要な施設や、具体的な仕事内容について紹介します。

施設によって管理栄養士の仕事内容は異なる

病院や介護老人保健施設のように、医学的な管理を必要とする人に食事を供給する施設では、管理栄養士の配置が欠かせません。ほかにも児童福祉施設や社会福祉施設、自衛隊などのように、継続的に多くの食事を提供する施設においても、管理栄養士の配置が必要です。施設によって、管理栄養士が担う業務もさまざまです。

病院

病気やケガを患った患者に合わせて栄養指導や献立作成を行います。さらに、病院によっては医者や看護師と共に、栄養の専門家として栄養管理(NST)に携わることもあります。病院で働く管理栄養士は、カルテを見て患者の体の状態を把握できなくてはいけません。そのため、栄養の知識に加えて、医療の知識も求められます。

介護福祉施設

施設利用者の健康状態の維持・向上のために、栄養ケアマネジメントや食事プラン作成を行います。施設利用者の体調や栄養状態を的確に把握したり、食材や調理法を工夫して高齢の利用者でも食べやすいよう配慮したりすることが大切です。

保育・教育機関

成長期の子供たちに合わせた給食管理や献立作成を行うのが仕事です。さらに、管理栄養士が学校へ赴き、食事の大切さを伝える食育活動を行うこともあります。近年では特定の食材にアレルギーを持つ子供が多いため、アレルギーに対する知識や配慮も欠かせません。

保健所・保健センター

幅広い年代の地域住民を対象に、栄養相談、講習会、栄養指導などを行います。年1回行われる国民健康調査では、医師や保健師と連携し、全国の世帯を対象に健康状態や生活習慣を調査します。

食品メーカー

栄養の知識を生かして、新商品の開発や品質管理などを行います。また、営業活動を兼ねて商品を使ったレシピを考案したり、料理教室を開催したりすることもあります。企業によって行う業務はさまざまです。

スポーツジム

ジムの利用者に対して、栄養指導やダイエットのサポートを行います。また、スポーツ選手の専属となり、最大限のパフォーマンスが発揮できるよう、食事管理をするケースも少なくありません。

 

 

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら