管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士の勤務時間は?

栄養士 勤務時間

栄養士の勤務時間は?

栄養士の勤務時間は、勤務場所や業務内容によって異なります。場合によっては残業を依頼されることもあるため、面接や求人を通じて、残業の有無を事前に確認しておきましょう。ここでは、栄養士の勤務時間について紹介します。

調理業務を行う栄養士の勤務時間

病院や介護施設では、患者や入所者に食事を提供する時間が決まっています。そのため、調理業務を担当する栄養士は、食事の時間帯に合わせて働くのが一般的です。また、毎日食事提供を行う必要があるため、土日祝日に休めるとは限りません。こうした職場では、シフト制や交代制を採用していることがほとんどです。働く時間帯や休日の取り方について、希望を出すことはできますが、人員やシフトの都合によっては時間帯の変更を依頼されることもあります。給食センターや社員食堂のように、昼食のみを提供する施設であれば、基本的に早番や遅番はありません。学校や企業が休みの日は業務がないため、カレンダーどおりに休める職場が多いでしょう。

調理業務を行わない栄養士の勤務時間

調理業務を行わず、栄養指導や献立作成を主に担当する栄養士の場合、朝の8~9時ごろから夕方の17~19時ごろまでの勤務となるのが一般的です。時間内で業務を終えられなかった場合は、残業が発生することもあります。食事の時間帯に合わせて勤務する必要がないため、早番や遅番は基本的にありません。ただし、毎日食事提供を行う職場の場合、休みの取り方はシフト制となります。食品メーカーや医薬品メーカーに勤める栄養士であれば、勤務時間や休日はその企業に準じます。また、スポーツジムやエステサロンの場合、店舗の営業時間に合わせた勤務時間となり、シフト勤務も多いでしょう。

残業時間が発生することもある

どの職場でも勤務時間は決められていますが、場合によっては残業を依頼されることもあります。そのため、面接や求人情報を通じて、残業の有無や残業時間について把握しておきましょう。加えて、残業ができるかどうかを、あらかじめ人事や派遣担当者に伝えておくと、採用後のミスマッチを防ぐことができます。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら