子育てしながら働ける栄養士の仕事は? | 栄養士コラム

子育てしながら働ける栄養士の仕事は?

栄養士 子育て

子育てしながら働ける栄養士の仕事は?

子育てをしながら栄養士として働く場合は、パートや派遣のように、時間の調整がしやすい働き方を選びましょう。また、正社員や公務員の栄養士でも、福利厚生制度を利用すれば、子育てしながら働くことができます。ここでは、子育て中の栄養士におすすめの働き方について紹介します。

パートや派遣の栄養士として働く

子育て中の栄養士におすすめの働き方として、パートや派遣などが挙げられます。正社員に比べると勤務時間を調整しやすいため、子育てとの両立が可能です。求人によっては、子育て中の人でも応募できる旨が記載されていたり、子育て中の職員が多いことをアピールしたりしていることがあります。こうした職場を選ぶのもおすすめです。まだ小さな子供がいる場合は、急な発熱などによる欠勤や早退も考えられます。そんなときに、同じような境遇の職員が多い職場であれば、理解が得られやすいでしょう。

企業や公務員の栄養士として働く

正社員の栄養士でも、福利厚生制度が整った企業であれば、子育てをしながらでも働けます。企業によっては、法律で認められている時短勤務制度が拡充していたり、子育て中の在宅ワークやフレックスタイムなどを認めているところもあります。また、公務員も福利厚生制度が充実しているので、子育てしながら働きやすい環境といえます。公務員の栄養士は、保健所や給食センターなどで働くことが可能です。ただし、公務員試験に合格する必要があるほか、民間の企業よりも求人数が少ないという点を留意しておきましょう

資格や制度を活用して選択肢を広げよう

栄養士の資格だけではなく、管理栄養士の資格を取得しておくほうが、就職先を見つけやすいといえます。これは管理栄養士のほうが、一般の栄養士よりも需要が高く、職場や働き方を選びやすいためです。また、1人で仕事と子育てを両立させるのが難しい場合は、身近な親族や配偶者に子供の世話をサポートしてもらうのもよい方法です。地域によっては、育児相談や託児所などの子育て支援制度が利用できます。必要に応じて活用してみてください。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら