ブランクがあっても栄養士として復職できる? | 栄養士コラム

ブランクがあっても栄養士として復職できる?

栄養士 ブランク

ブランクがあっても栄養士として復職できる?

ブランク期間があったとしても、栄養士として復職することは可能です。ここでは、栄養士として復職しやすい職場について詳しく紹介します。

復職しやすい職場は飲食店や給食委託会社

栄養士としてブランクがあっても採用されやすい職場として、飲食店や委託給食会社などが挙げられます。採用されやすい理由は、栄養士の職場のなかでも、中途採用の数が多いためです。加えて、飲食店や委託給食会社は、調理作業や調理補助が主な業務となります。これらの業務は、ブランクがあっても比較的慣れるのが容易です。ただし、調理作業は立ち仕事が多く、体力を使います。そのため、長期間のブランクや出産休暇から復帰して働く際は、注意が必要です。復職する際は、あらかじめ人事や採用担当者に詳しい業務内容を聞いておくとよいでしょう。

ブランクがある人ほど情報収集が大切

栄養士として復職する場合は、栄養学に関する情報収集が欠かせません。なぜなら、食事摂取基準や食物アレルギーなど栄養に関する情報は、日々改訂されているためです。どんなに知識や経験があっても、変化する栄養学に対応できていなければ、業務に役立てることはできません。そのため、日本栄養士会から発信される情報を確認したり、講演会に出席したりして、知識を更新しておくことが大切です。栄養士として現役で活躍している知人や先輩と交流を持つのも、職場や栄養学における最新情報を知るためによい方法でしょう。

栄養士として復職する際の面接方法

ブランクがある人が面接に臨む際は、栄養士として働いていなかった期間や、退職理由、栄養士として働きたい理由などをしっかりと答えられるようにしておきましょう。人事担当者が納得できる説明ができれば、栄養士としての復職は難しくありません。求人情報によっては、ブランクがあっても応募可能である旨を記載していることもあります。栄養士として復職を希望する人は、積極的に応募してみてください。

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら