管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士にはどんな人が向いていますか?

栄養士になるには

栄養士にはどんな人が向いていますか?

栄養士に向いているのは、食や健康に対して関心が強く、コミュニケーション能力に長けた人です。ここでは、栄養士として働くための適性について詳しく紹介していきます。

栄養士としての適性を確認しよう

以下の要素に当てはまる人ほど、栄養士としての適性があります。

  • 食に対して興味がある人

栄養士の仕事は、栄養指導や給食の献立作成など、食に関わるものがほとんどです。そのため、食に対して興味や関心を持っていることは、栄養士にとって最も重要な適性になるでしょう。食に対する興味や関心には、食べることが好きというのはもちろん、栄養バランスや食材の安全性に対する関心も含まれています

  • 料理を作るのが好きな人

料理を作ることが好きな人や得意な人も、栄養士としての適性があります。栄養士は栄養指導や献立作成だけでなく、職場によっては調理を担当することもあるからです。また、栄養指導や栄養相談のときに、調理方法をアドバイスすることもあります。日ごろから料理するのが好きな人であれば、難なく適切なアドバイスをすることができるでしょう。

  • コミュニケーションが得意な人

栄養士の業務である栄養指導や栄養相談は、多くの人と関わる仕事です。また、職場によっては、栄養士が医師や看護師とチームを組んで仕事を進めていくこともあります。そのため、栄養士には周囲の人間と円滑に業務を行える能力が必須です。コミュニケーション能力が高く協調性のある人ほど、栄養士に向いていると言えるでしょう。

  • 向上心を持っている人

栄養士として働くためには、向上心が不可欠です。これは、栄養の知識や栄養指導の技術が、日々新しいものに更新されるためです。さらに、業務によっては医学や介護、教育に関する知識などが必要となります。したがって、栄養士を目指すうえで、新しい知識を学び続ける姿勢は欠かせません。

  • 健康的で体力がある人

栄養士が健康的であれば、栄養指導や栄養相談に説得力が生まれます。反対に、栄養士が不健康な状態では、患者さんや相談者に対して不信感を与えかねません。そのため、栄養士自身が健康的で体力があることも、栄養士に欠かせない要素の1つとなるのです。

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら