管理栄養士の就業先にはどんなところがありますか? | 栄養士コラム

管理栄養士の就業先にはどんなところがありますか?

管理栄養士を活かせる職場

管理栄養士の就業先にはどんなところがありますか

管理栄養士は、栄養士よりも高度な知識を証明する資格です。そのため栄養士よりも需要があり、さまざまな職場で働くことができます。ここでは、管理栄養士の主な就業先を紹介します。

  • 管理栄養士が求められる職場

管理栄養士が活躍できる職場は多くの場合、医療福祉や教育に関わる施設です。施設によっては、管理栄養士の配置が義務付けられていることもあります。

  • 病院や診療所で働く管理栄養士

管理栄養士の就業先の1つとして、病院や診療所があります。通院や入院中の患者さんに合わせた栄養指導と栄養管理を行うのが、管理栄養士の主な業務です。病院や診療所の管理栄養士は、医師や薬剤師といった専門職と連携して業務にあたることもあります。このような医療チームを組んで栄養指導を行うためには、高度な知識が求められます

  • 教育施設で働く管理栄養士

小中学校などの教育機関も、管理栄養士の就業先として挙げられます。主に給食の献立作成や、調理場の衛生管理などの業務を担当します。児童・生徒の成長に必要な栄養バランスを意識するだけでなく、食物アレルギーにも配慮した献立作りが欠かせません

  • 行政機関で働く管理栄養士

管理栄養士は、保健所や保健センターなどの行政機関でも需要のある資格です。管理栄養士は主に、地域住民の栄養調査や高齢者の健康相談、生活習慣病を予防する特定保健指導などの業務を行います。ただし、保健所や保健センターなどの行政機関で働くためには、公務員試験に合格する必要があります

  • スポーツ関連施設で働く管理栄養士

管理栄養士がプロのスポーツ団体に所属して、アスリートの栄養管理を担うこともあります。プロのアスリートの栄養管理を専門に行う「スポーツ栄養士」に認定されるためには、管理栄養士の資格が必須です。ほかにも、食事のアドバイスや栄養指導を行うため、管理栄養士が民間のスポーツジムやフィットネスクラブに所属することもあります。

ほかにも、福祉施設や飲食店、食品メーカーなどで働くこともできます。食に関わる仕事であれば、管理栄養士の資格を生かして働くことができるでしょう。

 

 

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら