管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士と調理師の仕事の違いは?

栄養士と調理師

栄養士と調理師の仕事の違いは?

栄養士は、主に「栄養」の視点から食を考える仕事です。一方、調理師は主に「味」の視点から食を考える仕事になります。ここでは栄養士と調理師の仕事内容や職場の違いについて紹介していきます。

仕事内容が異なる栄養士と調理師

一般的に、栄養士が栄養バランスを考えた献立作成や栄養指導を担い、調理師が食材の調理を担当します。栄養士と調理師は「食に関わる仕事」という点では同じですが、仕事内容が異なるのです。

栄養士の仕事内容

栄養士の具体的な仕事内容は、栄養学に基づいて献立作成や栄養管理を行うことです。このほかにも、食材の発注や在庫管理、料理の配膳なども栄養士が行います。さらに、職場によっては栄養士が食材の調理を担当することもあります。栄養士が調理を行う職場は、病院や学校のように、高度な調理技術を必要としない場所が多くなっています

調理師の仕事内容

調理師の具体的な仕事内容は、食材の調理や料理の配膳などを行うことです。調理の知識や技術を持って美味しい料理を作ることが、調理師の役割となっています。ただし、調理師はあくまで調理のみに携わることができる資格です。そのため、栄養士が調理することはあっても、調理師が栄養学に基づいた栄養管理や献立作成を行うことはできません

栄養士と調理師が求められる職場

栄養士と調理師の資格はどちらも食にまつわる国家資格です。しかし栄養学の知識を持つ栄養士と、調理技術を持つ調理師とでは、求められる職場が異なります。

栄養士の職場

栄養士は、献立作成や栄養指導などを行えるため、福祉施設や病院、集団給食施設で働くことができます。このほかにも、食品メーカーの研究開発のように高度な栄養学の知識が必要とされる職場でも、栄養士の需要が高くなっています。

調理師の職場

飲食店やホテルなどは、高度な調理技術が求められるため、栄養士よりも調理師が求められます。ちなみに栄養士が栄養バランスを管理するために、調理師に作業の確認や指示を行います。

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら