管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士転職の面接での注意点やよく聞かれる質問は?

栄養士 面接対策

栄養士転職の面接での注意点やよく聞かれる質問は?

栄養士に転職をする際には、面接でよく聞かれる質問や回答方法を覚えておきましょう。ここではよく聞かれる質問内容や、それに対する回答方法のほか、面接における注意点についても紹介します。

栄養士の面接は一般的な質問が多い

栄養士の面接といっても、聞かれる内容は他業種とそれほど変わりません。志望動機や長所・短所、自己PRなどのような一般的な内容がほとんどです。そのうえで、栄養士ならではの要素を加えることが重要になります。

志望動機

どのような面接でも、志望動機は確実に聞かれる質問です。前職で学んだ知識や技術を、どのような形で生かしていきたいかを具体的に回答しましょう。また、転職を希望する企業や病院の業務のなかで、特に魅力を感じた部分についても具体的に回答してください。ほかの企業ではなく、その企業を選んだ特別な理由も述べるとよいでしょう。たとえば、食品メーカーで栄養士として働きたいと考えている場合には「御社は、競合他社の○○や○○に比べ、栄養バランスのよい商品を豊富に揃えていると感じます。そのなかでも、カルシウムと、その吸収を促進するビタミンDを多く含んだ○○という商品に魅力を感じ、毎日欠かさず子供たちに飲ませております。また、栄養バランスやカロリーを意識した商品作りだけでなく、食育の強化のために御社独自の○○という活動をされている点にも魅力を感じております。私は前職の○○で培った栄養素と健康の関連性についての知見を、御社の魅力である栄養バランスとカロリーを意識した商品開発に生かすことができるのではないかと考えております。以上の理由から御社を志望致しました。」などのように具体的に伝えることを心掛けましょう。

長所と短所

自分の長所や短所も、面接では聞かれやすい質問になります。短所を答える際には、面接官にマイナスな印象を与えないように注意しましょう。たとえば、「計画性がない」という短所なら、「夢中になりやすい」や「直感的に行動しやすい」など、表現を柔らかくすることによってマイナスな印象を軽減させることができます。「日ごと・週ごと・月ごとにやることリストを作るなど細かく設定することを心掛けております。」などと短所を改善するための行動も添えるとよい印象を与えます

自己PR

面接では自己PRを求められることも多いでしょう。自己PRでは、志望動機と混同しないように注意が必要です。また、栄養士に関連した内容にすることが大切です。たとえば、「前職で学んだ『食材の組み合わせと栄養素の吸収率の変化』についての知見を生かし、栄養素の吸収に効果的な食材の組み合わせを考慮した商品開発をすることができます。」といった内容にするとよいでしょう。

得意料理

調理作業がある職場では、面接で得意料理を聞かれることもあります。料理を作る頻度や、工夫しているポイントなどを一緒に伝えましょう。さらに、職場によっては栄養士の専門知識や時事問題などを聞かれることもあります。簡単に答えられる質問でも、緊張してしまうと上手く回答することができません。冷静に回答するためには、事前に面接の練習をしておきましょう。

職場によって求められる栄養士は異なる

職場によって求められる点が異なることを覚えておきましょう。たとえば、病院や福祉施設で働く栄養士は、業務で患者さんや施設利用者と接する機会が多くなります。そのため、これらの職場では人間性を重要視することが多いのです。希望する企業や施設が、どのような栄養士を求めているかを見極めることで、面接の対策も立てやすくなります。栄養士として転職をする際は、必ず事前に業界研究や企業研究を行いましょう。

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら