管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

管理栄養士は独立・開業が可能?

管理栄養士 独立

管理栄養士は独立・開業が可能?

数は多くありませんが、管理栄養士は独立・開業が可能です。ここでは、独立・開業の方法や独立・開業した管理栄養士の働き方について紹介します。

管理栄養士が独立・開業する方法

管理栄養士は、税務署に開業届を出すだけで個人事業主として開業することができます。ただし、独立して働く管理栄養士の多くは、積み上げてきた経験や人脈を生かして仕事を得ています。企業や病院での実務の経験がなければ、独立や開業をしても仕事を得ることは難しいでしょう。
さらに独立・開業後には管理も含めてすべて自分で行うことになります。自分で営業をしたり、受注に応じて見積書や契約書類を作ったりするビジネススキルの問題や、自分で確定申告をするなどの税関係の問題と直面するでしょう。現在は独立・開業向けの講座は多数開催されています。自分で勉強したり講座を活用したりして、対策をしておきましょう。

栄養士でも独立・開業は可能?

開業するためには特別に必要となる資格はありません。そのため、栄養士でも独立や開業をすることは可能ではあります。ただし、個人の知識や技術、実績が仕事の依頼につながるので、栄養士の開業はあまり例がありません。将来、独立や開業を目指したいのであれば、上位資格である管理栄養士の取得を目指すことが賢明でしょう。

独立・開業した管理栄養士の働き方

管理里栄養士は独立・開業することで、個人の予定や希望に合わせて働くことができます。開業した管理栄養士のなかには、以下に紹介する仕事と兼業している人も多く、多彩な働き方ができます。また、開業をせずに、フリーランスとして業務委託で働く管理栄養士もいます。時間的に自由になりますが、金銭面や仕事面の責任はすべて自分にあります。そのため、仕事の土台ができるまでは厳しいと感じる人が多いようです。

料理教室の講師

料理教室の講師は、自ら料理教室を主宰して、参加者に調理技術やレシピを教える仕事です。料理教室の運営や開催をする傍ら、料理学校の講師として授業を受け持つこともあります。

ライター

管理栄養士の知識や経験を生かすことで、ライターとして働くことも可能です。主に食に関するコラムの執筆や、料理本の出版などが仕事となります。このほかにも、オリジナルのレシピや献立作成などを行うこともあります。

アドバイザー

フリーの管理栄養士として、食品会社やメーカーのアドバイザーとして働くことができます。さらに、一般企業や病院で従業員の栄養指導や健康相談を担当することもあります。

  • ほかにもプロスポーツクラブでの栄養指導やフィットネス施設での栄養相談、テレビ・新聞を通じた食情報の提供など、さまざまな仕事があります。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら