管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士の仕事がつらい・辞めたいと思った時の対処法は?

栄養士 悩み解決

栄養士の仕事がつらい・辞めたいと思った時の対処法は?

人間関係や仕事量など、栄養士の仕事がつらく感じる理由はさまざまです。ここでは、栄養士の仕事を辞めたくなる理由と、その対処法について紹介します。

栄養士が仕事をつらいと感じるとき

栄養士は、調理スタッフへの指示出し、医療チームとの連携など、異なる職種の人とチームを組んで仕事をすることが多いものです。そのため、うまく業務の連携が取れなかったり、意思疎通を図れなかったりするのは強いストレスとなります。立場上、指示を出す相手が年上の人であることも多く、気を遣う必要もあります。複数の職種とコミュニケーションをとらなければならない栄養士ですが、その仕事量の多さに反して給料が低い傾向にあります。資格手当がつくこともありますが、栄養士の平均月給は17~22万円ほどで、決して高くありません。このような人間関係によるストレスと給料の低さが原因で、栄養士を辞める人がいることは事実です。

栄養士を辞めたくなったときの対処法

スタッフへの指示や、チーム内のコミュニケーションがうまくいかないときは、まず連絡や指示の方法を変えてみましょう。栄養士の周りには異なる職種の人が多くいます。栄養士にしか理解できない専門用語を使っていたのでは相手に伝わりません。伝わらないばかりか、人によっては専門用語を使われることで不快に感じることもあるでしょう。できるだけ一般的な言葉を使ってみてください。また、厨房内の調理スタッフへの指示も、的確に行えているのかを考えてみましょう。意見や指示を伝えるときに根拠もつけ加えると、あなたの発言を相手が理解しやすくなります。その際に現場の調理スタッフの意見を聞き、よいものは取り入れるようにすれば、栄養士であるあなたへの信頼が厚くなるでしょう。

注意する際には改善策の一例を提示することで、改善の努力をしてくれるはずです。チームスタッフはあなたの改善努力を見ているものです。その努力によって人間関係がよくなることも多くあります。

試してみてはいかがでしょうか。

また、人に相談したくなることも多くあるでしょう。職場内の配置数が少ない栄養士の場合は職場内に相談できる人がいないこともあります。そんなときは先輩の栄養士を頼りにするのも1つの方法です。たとえ職場が異なっても、栄養士同士であれば、仕事に対する悩みを共感してくれるでしょう。

栄養士として転職や独立する方法もある

自分は改善の努力をしているのに人間関係がうまくいかない場合や給料面で不満のある場合は、転職も1つの手です

栄養士の職場のなかでも、給料や待遇面に優れている職場は数多くあります。たとえば、公務員の待遇となる学校や、業務が利益に直結しやすい食品メーカーなどが挙げられます。しかし、給料が高くても人の入れ替わりが多い職場は、何か問題があるかもしれませんので注意が必要です。
また、フリーランスの栄養士になれば、休日や報酬額などさまざまなことを自由に設定することができます。個人の責任が重くなることや、独立するためには実務経験や人脈が必要となることなど注意点は多々ありますが、対処法の1つとして覚えておきましょう。
 

 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら