管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士と管理栄養士の具体的な違いとは?

栄養士 管理栄養士 違い

栄養士と管理栄養士の具体的な違いとは?

栄養士と管理栄養士の違いについては、「栄養士法」という法律のなかで明文化されています。ここでは、栄養士と管理栄養士の定義の違いと、仕事内容の違いについて詳しく紹介します。

栄養士法の栄養士と管理栄養士の違い

食や栄養の専門家である栄養士と管理栄養士は、免許の意味や取得方法が異なります。

栄養士とは

栄養士とは、都道府県知事の免許を受けて、栄養指導に従事する人のことです。栄養士の栄養指導は、健康な人を対象としたものとなっています。栄養士の免許を取得するためには、大学や短大、専門学校などの栄養士養成施設で専門課程を学び、卒業する必要があります。また、栄養士免許には試験がなく、栄養士養成施設を卒業するのと同時に取得することが可能です。

管理栄養士とは

管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、栄養指導に従事する人のことです。管理栄養士の栄養指導は、健康な人に加えて、傷病者や高齢者など幅広い人が対象となっています。管理栄養士の免許を取得するためには、まず栄養士の免許が必須です。その後、一定期間の実務経験を経て、国家試験に合格すれば管理栄養士の免許を取得できます。なお、管理栄養士養成施設を卒業した場合には実務経験を免除されます。管理栄養士の免許は、栄養士の上位資格であるため、取得には栄養士よりも高度な知識や技術が必要となります。

仕事による栄養士と管理栄養士の違い

栄養士と管理栄養士は上記でお伝えしたように、行える仕事も異なります。以下にそれぞれの資格で行える仕事内容についてご紹介します。

栄養士が行える仕事とは

栄養士は、健康な人を対象として食事の管理や栄養指導を行うことができます。また、調理スタッフとして働く栄養士も多く、その職場の種類もさまざまです。栄養士の主な職場には、委託給食会社や福祉施設などが挙げられます

管理栄養士が行える仕事とは

管理栄養士は、栄養士の業務に加え、高度な栄養指導を行うことが可能です。たとえば、病院や老人保健施設の栄養指導は健康面に大きく影響するため、高度な知識を持つ管理栄養士しか行えません。管理栄養士は、栄養士が対象とする健康な人だけでなく、傷病者や高齢者なども対象とすることができます。そのため、求人の幅も広くなります。また、医者や看護師など、専門家とチームを組んで栄養管理を行う「NST」に参加する際も、管理栄養士の免許が不可欠となります。

管理栄養士のほうが、取得が難しいだけに重宝されます。栄養士の資格を持っている人は実務経験を積み、管理栄養士の資格を目指してみてはいかがでしょうか。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら