NSTって何?管理栄養士にはどういう役割が求められる? | 栄養士コラム

NSTって何?管理栄養士にはどういう役割が求められる?

NST 管理栄養士

NSTって何?管理栄養士にはどういう役割が求められる?

NSTとは、入院している患者さんに対して適切な栄養支援を行うことを目的に結成された医療チームのことです。ここでは、NSTの概要や、NSTにおける管理栄養士の役割について紹介します。

NSTとは

NSTは、「Nutrition Support Team(ニュートリションサポートチーム)」の頭文字をとってその名前がつけられています。NSTとは、参加する専門家それぞれの知識や技術を生かして栄養管理を行うチームのことです。病院によって異なりますが、NSTには医師や看護師以外にも、管理栄養士や臨床検査技師、薬剤師など多くの専門家が職種を越えて参加します。
具体的な栄養支援の方法は、まず患者さんの栄養状態を評価し、栄養管理が必要かどうかを判定します。そこで専門家それぞれの視点から、どのような栄養管理が行われているかチェックし、より適切な管理方法を実施します。適切な栄養管理を行うことで合併症を予防したり、治療効果を向上させたりします。その結果、患者さん側としては医療費を削減でき、病院側としてはより多くの患者さんを診ることができます。また、退院する患者さんの家族や本人に対して栄養指導も行っています

NSTにおける管理栄養士の役割

NSTは、最適な栄養管理を目的とする医療チームです。そのため、栄養学の専門家である管理栄養士の役割は、特に重要なものとなります。具体的な仕事としては、対象患者さんの抽出や、患者さんの栄養状態を評価する「栄養アセスメント」などを行います。このほかにも、栄養管理計画書の作成やチーム活動の調整などがあります。医療に関することなので、最終的な決定は医師が行いますが、計画を立てたり、チームをまとめたりするなど、NSTにおいて管理栄養士は大きな役割を担っています。

管理栄養士としてNSTに参加するには

管理栄養士が、NSTに参加して栄養支援を行うためには、NSTを導入している病院に就職する必要があります。NSTは1960年代にアメリカで始まりました。日本でも1970年代からNSTは導入こそされましたが、職種の壁が強固であるなどの理由からいまだに浸透していないのが現状です。そのためNSTは、退職者の補充という形で求人が発生するケースが多くなっています。少ない採用のチャンスを逃さないためには、患者さんへの栄養指導などの実務経験を積んでおくとともに、求人情報はこまめに確認するようにしましょう。

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら