管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

栄養士と管理栄養士はどっちが高収入?

栄養士 管理栄養士 給与

栄養士と管理栄養士はどっちが高収入?

栄養士と管理栄養士の収入を比較すると、管理栄養士のほうが高収入です。ここでは管理栄養士の給料が高い理由や、栄養士として収入を上げる方法などについて紹介します。

一般的に管理栄養士のほうが高収入

管理栄養士と栄養士の平均収入を比較すると、管理栄養士のほうが高収入となるケースが多くなっています。これは管理栄養士の資格が、栄養士の上位資格であるためです。管理栄養士のほうが高度な知識を持ち、高度な業務を行える分、給料も高くなっています。また、栄養士が健康な人だけを対象としているのに対して、管理栄養士は傷病者や高齢者も対象にできることも影響しているでしょう。さらに栄養士や管理栄養士は、通常の月給やボーナスのほかに資格手当や技術手当が支給されることもあります。この手当についても管理栄養士のほうがやや高めに支給されることが多いようです。資格手当の相場は栄養士が約2,000~5,000円、管理栄養士が約5,000~10,000円です。

栄養士としての専門性を高めよう

数多くの職場の中で、病院や介護施設のように高い専門性が求められる職場は、給料が高めに設定されていることが多いです。栄養士でも病院や介護施設で働くことはできますが、業務の幅が広い管理栄養士のほうが重宝されます。つまり業務の幅の広さや専門性の高さが、給料に影響します。また、特定の施設には、管理栄養士を配置することが法律で義務づけられています。そのため管理栄養士のほうが、需要が高く、就職や転職にも有利になります。このような理由から、栄養士として実務経験を積みながら専門性を高め、管理栄養士を目指すことをおすすめします

栄養士でも高収入を狙うことができる

もちろん栄養士でも高収入を狙うことはできます。たとえば、給食会社や食品メーカーのような一般企業に勤務して昇進するケースが挙げられます。一般企業に就職した場合は実力があれば、昇進して管理業務に携わることも可能です。管理者として、現場の管理や衛生指導、後輩の育成ができるようになれば、収入も上がりやすくなります。昇進を狙う場合は、栄養士の知識や技術に加えて、マネジメント力やコミュニケーション能力などのスキルも必要です。

実際に管理栄養士の資格を取得するには、実務経験を積んだり、試験勉強したりする時間と、参考書や受験料などのお金はかかります。しかし、収入を上げるためには、実務経験を積み、管理栄養士の資格取得を強くおすすめします。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら