調理師になるには | 栄養士コラム

調理師になるには

カテゴリ: 栄養士のお仕事全般

調理師とは

調理師とは、決められた調理技術と知識を兼ね備え、安全な料理を作ることができる人のこと。
都道部県知事から免許を受ける国家資格で、各都道府県の調理師名簿に名前が登録されている人を指します。
この名簿に名前がない人が「調理師」を名乗ることは許されません。
 

調理師免許がなくても、飲食店で調理業務に就くことはできますし、独立開業することもできますが、ホテル業界や給食業界は調理師免許を必須とするところも多く、選択肢を増やして可能性を広げるという面で資格を保有しているかどうかは就職・転職に大きく影響します。
また独立開業においても、調理師免許を保有していると手続きをスムーズに進めることができます。
 

さらに、飲食業界でキャリアアップを目指すなら、より専門性の高い知識と技術が必要になります。専門調理師・調理技能士などの資格を取得するには調理師免許が必要となりますし、調理師免許があると厨房での信頼も高まりますので、キャリア形成の上で非常に有利な資格といえます。

調理師になるには

調理師免許を取得する方法は二つあります。

一つは厚生労働大臣が指定した調理師養成施設を卒業すること。修了時に無試験で免許が与えられます。

もう一つは各都道府県で行われる調理師試験に合格すること。試験を受けるには、飲食店や惣菜製造会社、給食施設などにおける2年以上の調理経験が必要となります。
 

調理師養成施設は専門学校のほか、高校、短大などの調理科もあり、いずれも基礎からしっかりと学ぶことができます。

メリットは無試験で資格を取得できることと、基本から丁寧に教えてもらえること。デメリットは、資格を取っても調理師としての実務経験はないことです。
 

一方、調理師試験を受験する場合は、未経験者でも働ける飲食店などで2年間下働きをして受験資格を得ることになります。必ずしも正社員として勤める必要はありません。パートやアルバイトでも、週4日以上、1日6時間以上勤務すれば受験資格として認められます。

メリットは何といっても現場での実務経験を積んでいることです。就職の際には、現場を知っていることがとても役に立ちます。デメリットは、仕事をしながら独学で試験勉強をしなくてはいけないことです。

調理師試験について

調理師試験は、各都道府県で年に1、2回行われています。

居住地などに関わらず全国どこの会場でも受験が可能で、複数都道府県に渡って1年に何度か受験することもできます。そのため、例えば東京都で不合格となっても別の道府県で再チャレンジすることも可能です。受験日程は都道府県ごとに異なるので、あらかじめしっかりと調べておきましょう。
 

試験内容は筆記試験のみで、実技はありません。

試験科目は「公衆衛生学」「食品学」「栄養学」「食品衛生学」「調理理論」「食文化概論」の6科目で、すべて4択のマークシート方式です。全科目の合計で60%以上正解が合格の目安ですが、1科目でも平均から大きく下回ると不合格となることがありますから、苦手科目を作らないようにしておきましょう。

定員制ではないので、基準を満たした受験生は全員合格となります。試験の合格率は例年6割程度となっています。
 

試験合格後、住民票の登録をしている自治体に申請をして、晴れて調理師免許が交付されます。

調理師免許は有効期限がないため、基本的には更新不要で、一度取得すれば生涯調理師を名乗ることができます。しかし、引越しや氏名の変更があった場合には各自治体で更新手続きが必要となりますので注意しましょう。

免許取得にかかるお金

大学や専門学校など調理師養成施設で学ぶ場合は、入学金や授業料、設備費や実習費などがかかります。金額は学校によって差がありますが、年間120~200万円くらいが一般的です。

中には優秀な成績の学生に奨学金を給付している学校もあるので、上手に利用するといいでしょう。
 

独学で受験する場合にかかる費用は、まず受験料です。受験料は各都道府県で多少の違いがありますが、概ね6000円~7000円程度。それに、テキストや通信教育受講料、講習受講料などが必要に応じてかかります。
 

どちらの場合でも、合格後には必ず自治体への申請が必要となります。

その際、医師による診断書(麻薬、あへん、大麻及び覚せい剤の中毒者でないことを証明するもの)の提出が必要となります。これは病院によって3000円前後から5000円以上と、金額が異なります。

さらに、免許申請手数料が5000円~7000円程度かかります。これも各自治体で金額が異なります。
 

申請に関する費用は、調理師養成施設を卒業しても、調理師試験に合格しても、どちらの方法で取得しても同じようにかかるので頭に留めておきましょう。

 


この仕事に関する求人情報を探す

調理師のお仕事を探している方は、こちらをご覧ください!

調理師の求人一覧

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら