管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

病院・クリニックにおける栄養士の仕事内容とは

病院の管理栄養士になるには

病院やクリニックでは、患者さんに合わせた食事提供や栄養指導を行うため、栄養の専門家である栄養士の存在が不可欠です。ここでは、病院やクリニックにおける栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

病院・クリニックでの栄養士の仕事内容は?

病院での栄養士の仕事は、主に献立作成や栄養指導などです。献立作成では、入院患者さんの症状に応じて、常食や特別食など様々な種類の献立を作成します。ただし、クリニックでは基本的に入院患者がおらず、食事も提供しないため、献立の作成は行いません。栄養指導では、個人や集団に対して、それぞれの病態に応じた適切な食事について指導を行います。また、病院やクリニックの管理栄養士は、NST(Nutrition Support Team)というチームに加わって業務を行うこともあります。NSTとは、医師や薬剤師、看護師などで構成される、栄養管理を専門に行うチームのことです。患者さんの治療効果やQOLの向上を目的としています。

病院・クリニックで働く栄養士に必要なスキルは?

病院やクリニックの栄養士には、幅広い知識が求められます。特に、病気の患者さんに対する栄養指導や、それぞれの病態に応じた献立作成を行うため、病態栄養に関する知識が必要です。また、コミュニケーションスキルも重要になります。病院には医師や看護師をはじめ、薬剤師や理学療法士など様々な専門家が働いています。昨今のNSTの普及などにより、こういった専門職と連携して治療にあたることが必要になってくるのです。

病院・クリニックで栄養士として働くためには?


病院やクリニックの栄養士は人気が高く、1人の求人に対してその何倍もの人が応募することも珍しくありません。そのため、新卒採用の場合以外は、栄養指導業務の経験がないと採用は難しいといえるでしょう。したがって、病院やクリニックで働くためには、まずこれらの経験を積むことが重要です。まずは委託会社などに就職し、現場での調理作業や栄養指導などを経験してください。これが病院・クリニックで栄養士として働くための近道になるでしょう。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら