介護・福祉施設における栄養士の仕事内容とは | 栄養士コラム

介護・福祉施設における栄養士の仕事内容とは

福祉施設の栄養士になるには

高齢者や慢性疾患を抱えた入所者が多い介護・福祉施設では、入所者の状態を適切に判断し、それに応じた食事を提供する必要があります。ここでは、介護・福祉施設で働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

介護・福祉施設での栄養士の仕事内容は?


介護・福祉施設で働く栄養士の主な仕事は、入所者に提供する食事の献立作成と、その調理です。施設には、長期間入所している人もいれば、デイサービスなどで短期的に利用する人もいます。そのため、様々な利用者に満足してもらえるような食事を提供することが大切です。

ほかにも、入所者の栄養状態を客観的に評価する「栄養アセスメント」も重要な仕事の1つです。入所者は高齢の人が多く、様々な慢性疾患を抱えているため、人によって提供する食事の中身も変わってきます。入所者ごとに適切な食事提供を行うには、栄養士がしっかりと栄養アセスメントをする必要があるのです

介護・福祉施設で働く栄養士に必要なスキルは?


介護・福祉施設で働く栄養士には、低栄養や褥瘡、嚥下障害などに対応できるだけの十分な知識が必要です。施設の利用者は、そのほとんどが複数の病気を抱えています。そのため、病態の変化や病状に合わせて食事内容を変更する必要があるのです。

加えて、コミュニケーションスキルも欠かせません。栄養士が正確な栄養アセスメントをするためには、介護士や看護師と意見交換を行う必要があるためです。また、食事を交えたケアプランなどの作成の際にも、介護支援専門員とコミュニケーションをとらなければいけません。

介護・福祉施設で栄養士として働くためには?


介護・福祉施設で栄養士として働くためには、それぞれの施設の求人に応募する必要があります。これらの施設で定期採用を行っていることは少なく、退職者が出たときのみ募集されることがほとんどです。そのため、普段からこまめに求人情報をチェックしてください。しかし、病院やクリニックと比べると、求人は比較的多い傾向にあります。高齢化にともない施設数も増加しているため、求人需要も高まっていくでしょう。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら