管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

保育園・幼稚園における栄養士の仕事内容とは

保育園の栄養士になるには

多くの子どもを預かる保育園や幼稚園では、子どもの年齢に合わせた献立作りが欠かせません。ここでは、保育園や幼稚園で働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

保育園や幼稚園での栄養士の仕事内容は?

  • 保育園や幼稚園で働く栄養士の主な仕事は、給食の献立作成や、その調理です。

保育園では、昼食のほか、場合によっては朝食や夕食も提供します。幼稚園では基本的に昼食のみを提供します。栄養士はこれらの給食の献立作成や調理を担当します。ほかの施設と比べて、大量調理を必要とすることが少なく、献立の自由度も高いのが特徴です。そのほかの業務として、保護者への栄養指導を行うことがあります。子どもの食生活は、保護者によって管理されているため、保護者に対する栄養指導が重要になるのです。

保育園や幼稚園で働く栄養士に必要なスキルは?

保育園や幼稚園で働く栄養士には、子どもの年齢に合わせた栄養学の知識が必要となります。これは、献立作成や調理を行うにしても、子どもの年齢や発育によって、必要とされる成分の量や種類が異なるためです。また、アレルギー持ちの子どもがいる場合、アレルギーに配慮した献立を作らなくてはいけません。そのため、食物アレルギーに関する知識も必要です。

栄養士にはこうした知識に加え、基本的な調理スキルも求められます。保育園や幼稚園は、病院や介護施設と比較して規模が小さいのが一般的です。ほかの施設においては専門の調理員が行う作業であっても、保育園や幼稚園では栄養士が行う場合があります。そのため、調理スキルが欠かせないのです

保育園や幼稚園で栄養士として働くためには?


保育園や幼稚園における栄養士の求人は、あまり多くはありません。そのため、こまめに求人情報をチェックしましょう。また、人気の職種ということもあり、競争率が高いという特徴もあります。栄養士以外にも、食育インストラクターや幼児食アドバイザーといった関連資格を保有していると有利です。応募条件は施設ごとに異なるので、求人をよく確認してください。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら