管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

学校における栄養士の仕事内容とは

学校の栄養士になるには

小学校や中学校における栄養士の役目は、給食に関わるものが中心です。ここでは、学校で働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

学校での栄養士の仕事内容は?

学校で働く栄養士には、

  • 栄養教諭
  • 学校栄養職

という2つの職種があります。どちらの職種も学校給食に関わるものですが、具体的な業務内容は異なります。

栄養教諭とは


栄養教諭は、主に学校給食の献立作成や児童への食育指導を行うのが役目です。特に食育指導は、栄養教諭にとって重要な業務になります。一生涯通して続く「食べる」という行為の大切さを、学校給食や特別授業などを通して伝える重要な役割を担っているのです。このほか、アレルギーや疾病を持つ生徒への栄養指導や、保護者への栄養指導などがあります。

学校栄養職員とは


学校栄養職員の主な業務は、給食の献立作成や調理作業、衛生管理などです。決められた時間に決められた食事を提供するためには、調理作業も重要になります。このほか、栄養教諭の食育指導をサポートしたり、給食だよりを発行したりすることもあります。

学校で働く栄養士に必要なスキルは?


学校の栄養士には、子供の年齢に合った栄養の知識が必要です。これに加えて、教育能力も必要となります。栄養教諭は食の大切さを伝え、望ましい食生活の形成を手助けするのが仕事です。そのため、児童や生徒に対して栄養の知識を解りやすく話したり、興味関心を引き出したりする能力が欠かせません。

学校で栄養士として働くためには?


学校栄養職員になるには、栄養士か管理栄養士のいずれかの資格が必要です。そして、各都道府県が実施する職員採用試験に応募し、合格する必要があります。栄養教諭になるには、栄養士または管理栄養士の資格に加え、学校教諭免許状が必要です。そして、一般の教員と同様に、都道府県が行う教育職員採用試験を受ける必要があります。この試験に合格すると、晴れて栄養教諭として勤務することができます。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら