管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

委託給食会社における栄養士の仕事内容とは

委託会社で働く栄養士

委託給食会社とは、病院や製造工場から委託され、栄養士や調理師を派遣するための会社です。ここでは、委託給食会社で働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

委託給食会社での栄養士の仕事内容は?

委託給食会社で働く栄養士の主な仕事は、事務所や工場で働く従業員の食事を作ることです。委託側の栄養士として病院や介護施設などに派遣され、施設の管理者のもとで調理作業に従事します。派遣される職場によっては、調理作業だけでなく、献立作成やメニュー開発などを行うこともあります。

企業や工場の社食などでは、味だけでなく、利用者の健康にも配慮しなくてはいけません。さらに、食材費や帳票類の管理、人材管理のようなマネジメント業務を任されることもあります。

委託給食会社で働く栄養士に必要なスキルは?

委託給食会社で働く栄養士には、調理スキルが必須です。食材の扱い方や包丁の使い方などの基本的なスキルはもちろんのこと、大量調理で使用される機械も扱えなくてはいけません。

また、衛生管理に関する知識も必要です。委託給食会社で働く栄養士は、介護施設や工場で、大量の食事を一度に提供します。万が一、食中毒のような事故が発生してしまうと、被害の規模が大きくなってしまうのです。

そのため、これらの施設における衛生管理の重要性は、必然的に高くなります。

委託給食会社の栄養士が働くフィールドは?

給食委託会社の栄養士が働くフィールドは多岐にわたります。代表的なものとして、企業や工場の社食があります。健康に関する意識が高まってきた昨今では、社食にも栄養バランスのとれた食事の提供が求められます。加えて、毎日食べても飽きないよう、おいしい食事を作ることも大切です。

また、派遣先として病院や介護施設も多くなっています。これらの施設では、医療における高度な栄養学の知識が求められます。さらに、学校や保育所、スポーツ施設、ホテルなどに派遣されることもあります。

委託給食会社が契約している場所であれば、様々な場所で活躍することが可能です。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら