保健所・保健センターにおける栄養士の仕事内容とは | 栄養士コラム

保健所・保健センターにおける栄養士の仕事内容とは

保健所の栄養士保健所と保健センターのどちらにおいても、栄養士の仕事は地域住民のために行うものがほとんどです。ここでは、保健所や保健センターで働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

保健所・保健センターでの栄養士の仕事内容は?

保健所や保健センターで働く栄養士は、どちらも行政栄養士として活動します。行政栄養士とは、地方公共団体で、地域住民に対する栄養指導を行う管理栄養士のことです。

保健所の仕事内容

保健所で働く栄養士の主な仕事内容は、集団検診での栄養指導や、衛生環境の監視などです。このほか、栄養士免許の申請受付手続きや、飲食店営業許可の申請受付手続きを担当することもあります。

保健センターの仕事内容

保健センターで働く栄養士の主な仕事内容は、母子や高齢者の健康診断です。また、要介護者の自宅に訪問し、食生活や献立、栄養に関する指導を行うこともあります。

保健所・保健センターで働く栄養士に必要なスキルは?

保健所や保健センターで働く栄養士には、公衆衛生に関する知識が必要です。病院や介護施設の栄養士は、個人の病態に応じた栄養指導を行いますが、保健所や保健センターでは集団に対して栄養指導を行います。そのため、公衆衛生に関する知識を身につけ、社会全体の医療水準の向上に努める必要があるのです。

そのほかにも、栄養士には業務を円滑にするためのコミュニケーションスキルが必要になります。これは、医師や看護師、保健師や獣医師などの専門職と連携して業務を行うためです。

保健所・保健センターで栄養士として働くためには?

保健所や保健センターの栄養士は、すべて公務員です。自治体により採用方法は異なりますが、保健所や保健センターで働くためには、まずは公務員試験に合格しなくてはいけません。栄養士としての勉強に加えて、公務員試験対策を行う必要があるのです。そのため、保健所や保健センターで働きたいと考えているのであれば、早めに試験対策をするとよいでしょう
 

 

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら