管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

社員食堂・社員寮における栄養士の仕事内容とは

社員食堂の写真

社員食堂・社員寮における栄養士の仕事は、従業員の食事作りを行うことです。ここでは、社員食堂や社員寮で働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて、詳しく説明します。

社員食堂・社員寮での栄養士の仕事内容は?

社員食堂や社員寮の栄養士は、主に企業の従業員に提供する食事の調理を行います。和食・洋食を問わず、従業員の健康や好みを考えた様々なメニューを調理するのが特徴です。また食材の発注や施設内の清掃などを担うこともあります。

そのほか、職場によっては従業員の栄養相談を行うことがあります。近年では、従業員の健康支援を目的に、企業が福利厚生の一環として、こうしたサービスを行うケースが増えています。具体的には、身体測定の結果や食生活の状況から、従業員1人ひとりに対して食事における改善点をアドバイスします。

社員食堂・社員寮で働く栄養士に必要なスキルは?

社員食堂や社員寮で働く栄養士には、病気の予防に関する知識が必要です。社員食堂や社員寮の利用者は基本的には健康な人がほとんどです。そのため、病院や介護施設と比べて病気に関する知識はそれほど求められません。ただし、生活習慣病や心筋梗塞などの予防に関する知識が必要となります。

そのほかにも、ビジネスに関する視点が必要です。社員食堂や社員寮では、利用する人たちが、頻繁に通いたいと思うような食事を提供しなければなりません。そのためには、新メニューを取り入れたり、価格を見直したりなど、経営上の工夫を行っていく必要があるのです。

社員食堂・社員寮で働く栄養士の勤務時間は?

社員の勤務時間によっては、食堂や寮で食事をするタイミングが異なります。したがって、栄養士の勤務時間もそれに合わせたものになります。

社員食堂

社員食堂で働く栄養士は、昼食の提供が主な業務となるため、勤務時間も日中の時間帯が中心です。ただし、24時間稼働する製造工場のように、夜間従業員の食事を提供する食堂もあります。そのため、職場によっては栄養士も、従業員の勤務時間に合わせて夜間に働く必要があるのです。

社員寮

社員食堂に対して、社員寮で働く栄養士の勤務時間は、朝か夜が中心となっています。これは出社前と退社後、つまり朝食と夕食に食事を提供する必要があるためです。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら