管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

食品会社・メーカーにおける栄養士の仕事内容とは

商品会社での栄養士食品会社やメーカーでも、栄養士としての知識を生かして働くことができます。ここでは、食品会社やメーカーで働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

食品会社・メーカーでの栄養士の仕事内容は?

食品会社・メーカーで働く栄養士は、商品の企画・開発を主な仕事としています。近年の健康志向の高まりにより、健康によい商品のニーズが高まっています。そういった状況において、商品の企画・開発にも、健康に関する知識を持った栄養士の視点が求められるのです。

企画や開発以外には、市場調査や広報などの業務を行うこともあります。どの業務においても、栄養士の広い栄養知識を生かすことが可能です。また食品メーカーだけではなく、医薬品や化粧品メーカーなどでも働くことができます。いずれのメーカーでも、新商品の開発や研究に携わることがほとんどです。

食品会社・メーカーで働く栄養士に必要なスキルは?

食品会社やメーカーで働く場合、開発に携わる製品の知識が必要になります。具体的には、食品化学や工業化学、バイオテクノロジーなどの分野です。メーカーの開発職や研究職は、人気が高く、競争率も高いという特徴があります。したがって、必然的に求められる知識水準も高くなります。

また、一般的な会社員に求められるような

  • ビジネススキル
  • パソコンスキル
  • マーケティングスキル

も必要です。栄養士に求められるスキルは、施設や給食委託会社よりも、幅広いといえるでしょう。

食品会社・メーカーで栄養士として働くためには?

食品メーカーで栄養士として働く場合、栄養士の資格はあくまで補助的なもの考えてください。まずは大学で食品化学や工業化学を学び、卒業後に企業の研究開発部門へ就職するのが一般的です。新卒求人の競争率が高く、転職となると求人数自体が少ないのが現状です。

研究・開発職と言っても、扱う商品は様々です。就職や転職の際は、自己分析や業界研究をしっかり行い、幅広い視点で自分に合った会社を探すとよいでしょう。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら