管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

薬局・ドラッグストアにおける栄養士の仕事内容とは

ドラッグストアの写真

薬局・ドラッグストアにおける栄養士の仕事内容とは

薬局やドラッグストアの栄養士は、訪れたお客さんが健康的な生活を送れるように、総合的なサポートをする役目を担います。ここでは、薬局やドラッグストアで働く栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します

薬局・ドラッグストアでの栄養士の仕事内容は?

薬局やドラッグストアで働く栄養士の主な仕事内容は、お客さんから栄養相談や育児相談を受けることです。
普段の食生活や検査値についてヒアリングしながら、食事や生活習慣の改善点などをアドバイスします
さらに、お客さんの病状や健康状態に合わせて、薬の選び方を指導することもあります。相談業務や栄養指導は、主に栄養士とお客さんのマンツーマンで行うのが特徴です。 

そのほかにも、栄養士は接客や商品の陳列などの販売業務も担当します。同じ店舗で働く薬剤師や販売員と連携しながら、仕事を行っていくことになります。

薬局・ドラッグストアで働く栄養士に必要なスキルは?

薬局やドラッグストアにて勤務する栄養士は、栄養相談に乗る機会がほかの職場よりも多いといえます
そのため、お客さんの話をしっかりと聞き、一緒に改善点を見出していくといった、カウンセラーとしてのスキルが必要になります。普段の食生活や生活習慣について、お客さんが疑問に思っていることに、適切なアドバイスを行う必要があるのです。

加えて、店舗で取り扱っている薬や、食事と薬との相互作用などに関する知識も必要です。
薬に関する詳細な説明は薬剤師が行いますが、薬局やドラッグストアで働く以上は、栄養士も薬の基本的な知識を習得しておきましょう

薬局・ドラッグストアで栄養士として働くためには?

スタッフとして、栄養士を常駐させている薬局やドラッグストアは少なくありません。求人においても栄養士を募集している店舗が増えてきており、就職窓口も拡大傾向にあります。薬局やドラッグストアで働きたいという場合は、積極的に応募してみるとよいでしょう。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら