管理栄養士などの資格を生かした女性向け飲食転職・求人ならフードキャリア

エステサロンにおける栄養士の仕事内容とは

エステの写真

エステサロンにおける栄養士の仕事内容とは

エステサロンでお客さんを美しくするためには、食事の指導や管理を行う栄養士の存在が欠かせません。ここでは、エステサロンにおける栄養士の仕事内容や、必要なスキルについて説明します。

エステサロンでの栄養士の仕事内容は?

エステサロンで働く栄養士の主な仕事は、サロンに訪れるお客さんに栄養指導を行うことです。具体的には、普段の食事内容などをヒアリングし、改善点を伝えたり、おすすめのレシピなどを紹介したりします。このほかにも、食事や美容に関するイベントの開催や、エステティシャン向けの栄養学講座を行うこともあります。

これらの業務に加えて、栄養士がエステティシャンとしての仕事を行う場合もあります。栄養士がエステサロンで働くことで、外からの美容と、内からの美容の両方に精通した、美容のスペシャリストを目指すことも可能です。指導やアドバイスによって、利用者の体重や体脂肪率などの数値が改善された時は、栄養士としてやりがいが感じられるでしょう。

 

エステサロンで働く栄養士に必要なスキルは?

エステサロンでは、栄養士にも美容に関する知識が求められます。また、お客さんへの栄養指導は1対1で行います。業務の中でエステティシャンと連携しなくてはいけません。そのため、コミュニケーションスキルも必要です。基本的な接客マナーを心得ておくことも欠かせないでしょう。
エステサロンでの栄養指導の仕事に役立つ資格として、食生活アドバイザーや健康運動指導士のような資格が挙げられます。取得しておけば、仕事に役立つほか、就職や転職にも有利です

エステサロンで栄養士として働くためには?

エステサロンにおける栄養士の求人は、エステティシャンとしての募集がほとんどです。ただし、エステシャンでも栄養士資格を持っていることで資格手当が支給されるほか、職務上優遇されるという場合もあります。

仕事に栄養士の知識が求められる場合、応募条件の欄に記載があります。またエステサロンによっては、

  • 「インストラクター」
  • 「栄養アドバイザー」

のような名前で栄養士の求人がかけられていることもあります。

あなたの希望のお仕事をお探しします!求人情報多数、完全無料、コンサルタントがサポート。簡単1分フードキャリアへの無料ご登録はこちら